Cerevoライブ配信機器・遠隔操作サービス「LiveShell Remote」β版、提供開始

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、ライブ配信機器「LiveShell W」を遠隔地からの操作を可能にするサービス「LiveShell Remote(読み:ライブシェル リモート)」のβ版の提供を開始します。β版の提供期間はサービスを無料でご利用いただけます。

LiveShell Remote
https://remote.cerevo.com/

「LiveShell Remote」は、インターネットに接続されたCerevoのライブ配信機器「LiveShell W」をクラウド経由で遠隔操作を可能とするサービスです。本サービスに所持しているLiveShell Wを登録することで、場所を問わず、本体に搭載された配信設定Webアプリ「LiveShell Studio」を用いて配信設定等の操作を行え、ライブ配信運用の幅を広げることができます。

■「LiveShell Remote」β版 ご利用について

ご利用可能期間
2024年5月29日(水) ~ 2024年6月28日(金)

※β版の提供期間に関しましては予告なく短縮または延長する可能性がございます。

ご利用可能なプラン
β版の提供期間中は1アカウントにつき、下記2つのプランに「LiveShell W」を1台ずつ紐づけてご利用いただけます。

BasicプランLiveShell Studioのすべての機能が利用可能です。映像確認やリモートスイッチングをする方におすすめです
LiteプランBasicプランから映像伝送機能を省いた、エコノミープランです。簡単な遠隔設定や動作監視をする方におすすめです

※β版では1アカウントにつき、最大2台までLiveShell Wを紐づけてご利用いただけます。
※β版では、プランの増減・変更はできません。LiveShell Wの紐付けを変えることは可能です。
※LiveShell Remoteに紐付けたLiveShell Wでも設定を変えることなく、同一ネットワーク内で通常通りLiveShell Studioをご利用いただけます。

ご利用料金
無料

※β版の提供期間中は、ご利用料金は発生いたしません。ご利用時にかかる通信料はお客様のご負担となります。
※本サービスの正式提供が開始される際には、新たにプランのライセンスをお申し込みいただく必要がございます。

ご利用前の準備

「LiveShell Remote」β版のご利用にあたっては、「LiveShell W」新ファームウェアv2.0.以降0へのアップデートと「LiveShell Remote」へのアカウント登録が必要となります。

  • ファームウェアアップデート方法

注意事項

  • 「LiveShell Remote」β版の提供期間中に提供される機能および各種データは、開発中のものであり、正式サービス提供時の内容とは異なる場合がございます。
  • 「LiveShell Remote」β版の提供期間中の不具合等によりお客様に何らかの不利益および損害が発生した場合であっても、当社は当該不利益および損害に対する補償は一切行いません。
  • 「LiveShell Remote」β版にて提供される機能および各種データについて、当社が意図的に機能停止や変更を行う場合があり、その完全性、有用性、正確性、信頼性、安全性等いかなる保証は行いません。
  • 「LiveShell Remote」β版の提供期間中は予告なくデータの更新やメンテナンスを実施する可能性がございます。場合によってはアクセスが一時的に中断されることもございますので、予めご了承ください。
  • 正式サービス開始時期については未定です。提供開始時に改めてご案内いたします。
  • β版の提供は日本国内から開始し、他エリアへの提供は順次となります。

ポプラ社発行『ロボット大図鑑』に、Cerevoの自走して変形するプロジェクターロボット・Tipronが掲載

2024年4月に株式会社 ポプラ社より発売の『ロボット大図鑑 どんなときにたすけてくれるかな?(1) くらしをささえるロボット』に、Cerevoの自走して変形するプロジェクターロボット「Tipron」が掲載されました。

ロボット大図鑑 どんなときにたすけてくれるかな?(1) くらしをささえるロボット
https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/7247001.html

本書は小学校低学年〜中学生を対象とした児童向け単行本で、そうじ用ロボット、介護用サポートロボット、ペットロボットなど、おもに家庭で使用されているロボットが紹介されています。

Tipronは「宅内のあらゆる壁や床、天井をディスプレイに変える」をコンセプトとして開発したプロジェクター搭載ホームロボットです。指定した位置へ自動で移動し、任意の壁や天井へ映像を映し出します。HDCP対応のHDMIポートおよび給電対応のUSBポートを搭載、HDMI出力に対応したPCやレコーダーの映像に加え、USBメモリに保存した動画を再生することができ、その様子を書籍内でご紹介いただいています。


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、NAB Show Las Vegas 2024に開発中のFlexTally Proをデモ展示

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2024年4月13日からアメリカ・ラスベガスで開催されるメディア総合イベント「NAB Show Las Vegas 2024」に開発中のPoE給電対応無線タリーライトシステム「FlexTally Pro」を含むCerevoライブ配信関連製品をデモ展示します。

https://nabshow.com/2024/

Cerevoブースではライブ配信機器「LiveShell W」に加え、年内に発売予定の新製品・タリーランプシステム「FlexTally Pro」のコントロールWebアプリを用いたデモ展示を行います。本格的なライブ配信をコンパクトかつ低価格に実現するための構成の体験が可能です。

■出展情報
イベント名:NAB Show Las Vegas 2024
出展期間:2024年4月14日(日)〜17日(水)
会場:Las Vegas Convention Center, Central Hall
出展場所:C5851


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

UPQブランド製品をご利用のお客様へ

これまで、UPQブランド製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

株式会社UPQが過去に販売したすべての製品について、お問い合わせ・故障修理受付を含む、全てのサポートを2024年3月末をもちまして終了とさせていただきます。

UPQブランド製品は生産終了から5年以上が経過しており、すでに安全にご使用いただける期間を超えています。継続して使用された場合には部品の経年劣化により発火・けが等の事故に至るおそれがございます。製品をお持ちのお客さまは、速やかにご使用を中止のうえ、お住まいの自治体の区分にしたがって廃棄していただくようお願い申し上げます。

なお、自主回収をしておりますUPQ Phone A01X 付属のバッテリーパック(型番 UPQ-BPA01)は、2024年4月以降も回収を継続いたします。UPQ Phone A01X は、バッテリーパックの欠陥から、発火のおそれがあります。該当製品をお持ちの場合は、ただちに使用を中止し、絶対に電源を入れず、下記専用フォームから回収をお申し込みください。

「UPQ Phone A01X」のバッテリー自主回収 専用フォーム

●サポート対応期間

受付期限までにご連絡いただいたものにて、各種サポート対応が終了となります。
下記の期限以降は、お問い合わせいただきましても対応出来かねますので、ご了承くださいませ。

受付期限:2024年3月29日(金)

●サポート終了

  • 製品に関するお問い合わせ
  • 故障、修理のご依頼(無償・有償問わず)
  • FAQの公開終了
  • PDFマニュアルの公開終了

※公開終了までに、必要なPDFはダウンロードくださいますようお願い申し上げます。

●サポート終了対象製品

  • Q-camera ACX1 アクションカメラ
  • Q-camera ES03 アクションカメラ3軸電動スタビライザー
  • Q-camera ES02 3軸電動スマホスタビライザー
  • Q-camera SND1
  • Q-display 4K50 4Kディスプレイ
  • Q-display 4K50X 4Kディスプレイ
  • Q-display 4K65 Limited model
  • Q-gadget KB01 ガラス製透明タッチキーボード
  • Q-gadget KB02 ガラス製透明タッチキーボード
  • Q-gadget X01-50BG microUSBケーブル
  • Q-gadget X01-50NR microUSBケーブル
  • Q-gadget LT01
  • Q-home BB01 Bluetooth スマートバルブ
  • Q-music BS01 Bluetoothスピーカー
  • Q-music HDP5/BG
  • Q-music HDP5/NR
  • Q-music QE80 高品質カナル型イヤホン
  • Q-music QE50 高品質カナル型イヤホン
  • Q-music QE10 耳掛け式カナル型イヤホン
  • Q-music QBE10 aptX対応Bluetoothイヤホン カナル型
  • UPQ Bag BP01 バックパック
  • UPQ Bag BP02 mini バックパック
  • UPQ Bag TR01
  • UPQ Bag TR02
  • UPQ Bag TR03
  • UPQ BIKE me01 折りたたみ式の電動バイク
  • UPQ BIKE me01 純正バッテリー LB01
  • UPQ BIKE me01 純正パワーアダプター me01-AC1
  • UPQ Phone A01
  • UPQ Phone A01X
  • バッテリー DB01

※ 対象製品のアクセサリ、付属品、部品等も含みます。

各製品ご利用についてのお問い合わせ先
support@cerevo.com


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 3」演出にCerevoのDOMINATORが登場

Cerevoのスマート・トイ「DOMINATOR(読み:ドミネーター)」が、2023年3月15日(金)より東京・大阪で順次上演予定の「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 3」の演出に採用されました。劇中で、本製品を用いた演出が登場します。

舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 3
https://psycho-pass-stage.com/
ⓒサイコパス製作委員会 ⓒ舞台「サイコパス3」製作委員会

「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 3」は、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」で総監督を務めた本広克行氏が総合演出を行う完全オリジナルのスピンオフ・ストーリーの舞台作品です。

本舞台は公安局刑事課に所属する監視官・執行官を中心としたオリジナルキャラクターたちによるストレートプレイ作品です。CerevoのDOMINATORは、監視官・九泉晴人(くせんはると)役・鈴木拡樹氏が構えるキービジュアルおよびティザー映像公開に続き、劇中の演出等にも採用されます。2019年4月より幕を開けた「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice」シリーズ、1作目2作目と続き、3作目にも採用となりました。

CerevoのDOMINATORは、パラライザーからエリミネーターへと変形する電動フル可動モデルです。アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」放送開始から10周年であることを記念し、2016年に発売した「DOMINATOR – SPECIAL EDITION」のデザイン、材質、機能を、そのままに復刻したモデル「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」の予約販売をしています。本体のグリップ部分に天然のローズウッド削り出しオイル磨き仕上げの素材を使用。公安局マーク部分は削りのアルミ素材による台座に合成ルビーをあしらい、アクセサリーのような質感を実現しています。

DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION
https://dominator.cerevo.com/ja/

「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」は、Cerevoオフィシャルストアで第2次予約販売を受け付けております。お届けは2024年春以降、順次となりますので、ぜひこの機会にお買い求めください。

Cerevoオフィシャルストア
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=176462199


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

ワンダーフェスティバル2024[冬]にて『PSYCHO-PASS サイコパス』10周年記念モデル「DOMINATOR」を展示

2024年2月11日(日)に幕張メッセで開催される世界最大級の造形イベント、ワンダーフェスティバル2024[冬]内、Cerevoブースにおいてアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』(制作: サイコパス製作委員会)の10周年記念復刻モデル「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」を展示します。ブースにお立ち寄りいただいたお客様には、DOMINATORをあしらったポストカードを配布します。

またCerevoブースでは、1月31日に発表したゲーム『ペルソナ3 リロード』に登場する「S.E.E.S.制式召喚器」をモデルとした製品の開発機もあわせて展示となります。

Cerevoブース:8-01-01(8ホール)

CerevoのDOMINATORは、パラライザーからエリミネーターへと変形する電動フル可動モデルです。アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」放送開始から10周年であることを記念し、2016年に発売した「DOMINATOR – SPECIAL EDITION」のデザイン、材質、機能を、そのままに復刻したモデル「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」の予約販売をしています。本体のグリップ部分に天然のローズウッド削り出しオイル磨き仕上げの素材を使用。公安局マーク部分は削りのアルミ素材による台座に合成ルビーをあしらい、アクセサリーのような質感を実現しています。

DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION
https://dominator.cerevo.com/ja/

「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」は、Cerevoオフィシャルストアで第2次予約販売を受け付けております。お届けは2024年春以降、順次となりますので、ぜひ会場で実機をご確認ください。

Cerevoオフィシャルストア
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=176462199

⚫️ワンダーフェスティバル2024[冬]での展示について

2024年2月11日(日)に幕張メッセで開催される当イベントのCerevoブースにおいて、開発中の「S.E.E.S. 制式召喚器」の開発機を展示します。

日時:2024年2月11日(日)10:00~17:00
場所:幕張メッセ 国際展示場 1~8ホール
ブース:8-01-01(8ホール)
展示内容:

  • アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』10周年記念復刻モデル「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」
  • ゲーム『ペルソナ3 リロード』に登場する「S.E.E.S.制式召喚器」をモデルとした開発機

配布物について:
「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」をあしらったデザインのポストカード
※数量に達し次第、配布終了となります。基本おひとり様1枚でのお渡しとなります。

公式サイト:https://wonfes.jp/specialsite/


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、『ペルソナ3 リロード』に登場する「S.E.E.S.制式召喚器」を現実世界に再現するプロジェクトを開始

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、ゲーム『ペルソナ3 リロード』に登場する「S.E.E.S.制式召喚器」をモデルとした製品の開発に着手したことを発表します。発売は翌冬を予定しており、開発機を2024年2月11日(日)に幕張メッセで開催される「ワンダーフェスティバル2024[冬]」にて展示します。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

Cerevoはこれまでアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』に登場する特殊拳銃・ドミネーターや、アニメ『攻殻機動隊』シリーズに登場する小型多脚戦車・タチコマの1/8モデル、アニメ『ソードアート・オンライン』に登場する片手剣・エリュシデータを家電のテクノロジーを用いて現実世界に可能な限り再現して参りました。

今回のプロジェクトは株式会社アトラスより2006年に発売され人気を博したゲーム『ペルソナ3』のフルリメイク版となる、『ペルソナ3 リロード』に登場する「S.E.E.S.制式召喚器」の開発となります。開発チーム監修の元、召喚器を1/1スケールで再現します。作品の世界観を基に、変形・光によるエフェクト・特別課外活動部メンバー全員のペルソナ召喚ボイスや戦闘BGMを搭載するのに加え、専用のアタッシュケースに入れてお届け予定です。

本プロジェクトは、2024年1月31日に開催された『ペルソナ3 リロード』発売記念スペシャルミニライブイベント内で開発中である旨を表明したものです。価格含む仕様の詳細は開発が進んだ段階で発表となります。

『ペルソナ3 リロード』 公式サイト
https://p3re.jp/

⚫️ワンダーフェスティバル2024[冬]での展示について

2024年2月11日(日)に幕張メッセで開催される当イベントのCerevoブースにおいて、「S.E.E.S.制式召喚器」開発機を展示します。

日時:2024年2月11日(日)10:00~17:00
場所:幕張メッセ 国際展示場 1~8ホール
ブース:8-01-01(8ホール)
公式サイト:https://wonfes.jp/specialsite/


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

「PSYCHO-PASS サイコパス」10周年記念展覧会において、Cerevo製「DOMINATOR」を用いた特別体験型展示のお知らせ

Cerevoのスマート・トイ「DOMINATOR(読み:ドミネーター)」が、2024年2月16日(金)より東京・松坂屋上野店で開催される、「PSYCHO-PASS サイコパス 10周年記念展覧会 CHROMESTHESIA SCOPE(クロメスタジア スコープ)」内で体験型展示に採用されました。

本体験型展示はCerevo製「DOMINATOR」の通常機能に加え、作品の世界観をよりお楽しみいただける展覧会でしか体験できない演出・機能を備えた特別仕様となります。ご体験いただくには「ドミネーター体験付き入場券」のご購入が必要です。

PSYCHO-PASS サイコパス 10周年記念展覧会 CHROMESTHESIA SCOPE
https://psycho-pass-cs.jp

CerevoのDOMINATORは、パラライザーからエリミネーターへと変形する電動フル可動モデルです。アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」放送開始から10周年であることを記念し、2016年に発売した「DOMINATOR – SPECIAL EDITION」のデザイン、材質、機能を、そのままに復刻したモデル「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」の予約販売を開始しています。本体のグリップ部分に天然のローズウッド削り出しオイル磨き仕上げの素材を使用。公安局マーク部分は削りのアルミ素材による台座に合成ルビーをあしらい、アクセサリーのような質感を実現しています。

DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION
https://dominator.cerevo.com/ja/

●「CHROMESTHESIA SCOPE」 ドミネーター体験について

  • 開催期間: 2024年2月16日(金)〜3月6日(水)会場: 松坂屋上野店 6階催事場
  • 入場時間: 10時~18時(19時閉場) ※最終日は17時まで(18時閉場)、会期中無休
  • 入場料: ドミネーター体験付き入場券2,200円(前売り 2,000円)
    • ※一般・大学生のみ。来場特典付き
    • ※ドミネーター体験付きなしのチケット情報は公式サイトをご覧ください。
    • ※会場内での体験時に特典として、オリジナルラバーバンド(全3種)を1個プレゼント。ランダム配布のため柄はお選びいただけません。

チケット販売:https://l-tike.com/event/mevent/?mid=708298

  • 先行抽選前売り券
    • 2023年12月15日(金)10時〜2023年12月24日(日)23時59分まで
  • 一般発売(前売券)
    • 2024年1月5日(金)10時~2024年2月15日(木)23時59分
  • 当日券
    • 2024年2月16日(金)0時~3月6日(水)16時00分

■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

ライブ配信機器やタリーライトなど、Cerevo製品に関するライブ配信関連相談会を開催

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2023年11月21日 (火)、11月28日 (火)、12月5日(火)の3日間で、株式会社PANDASTUDIO.TVが運営するパンダスタジオお台場で、Cerevoのライブ配信機器などの展示と製品ご利用に関する相談会を開催します。

ご参加は無料で、事前のお申し込みが必要です。

Cerevoライブ配信関連の相談会 お申し込みページ
https://forms.gle/gWySZhx61w2xfAMHA

■Cerevoなんでも相談会 概要

Cerevo製品を用いたライブ配信方法のご提案や、他社スイッチャーと組み合わせたスムーズな複数画面のライブ配信のご案内などを行います。その他、ライブ配信に関すること、製品についてなど、Cerevoメンバーおよびパンダスタジオスタッフにご相談いただけます。

開催日時

  • 2023年11月21日 (火)11:00〜17:00
  • 2023年11月28日 (火)11:00〜17:00
  • 2023年12月5日(火)11:00〜17:00

展示製品

  • ライブ配信機器「LiveShell W」
  • 専用コントローラー「LiveShell ControlPad」
  • タリーライト・システム「FlexTally BP」
  • 新型タリーライト・システム「FlexTally Pro」 ※開発中のものとなります

参加方法
専用フォームから、事前のお申し込みをお願いします。
https://forms.gle/gWySZhx61w2xfAMHA
※参加費用は無料です

開催場所
パンダスタジオお台場
〒135-0091 東京都港区台場1-7-1
アクアシティお台場 東館6F


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、Inter BEE 2023に新型タリーランプシステム「FlexTally Pro」など開発中の新製品をデモ展示

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2023年11月15日から17日にかけて幕張メッセで開催されるメディア総合イベント「Inter BEE 2023」に、ライブ配信機器「LiveShell W」を始め、開発中の新製品を含むCerevoライブ配信関連製品をデモ展示します。

https://www.inter-bee.com/ja/

株式会社テクノハウスとの共同ブースにおいてCerevoでは、来春に発売予定の新製品・タリーランプシステム「FlexTally」の後継機モデル「FlexTally Pro」とあわせ、シチュエーションに合わせたライブ配信機器「LiveShell W」を活用したライブ配信構成のご提案の他、映像を任意のタイミングでライブ配信に入れることができるメディアプレイヤーのデモ・参考展示を行います。

加えて、今後アップデート予定の配信設定アプリ「LiveShell Studio」でのリモート操作機能を展示し、本格的なライブ配信をコンパクトかつ低価格に実現するための構成を体験いただけます。

■出展情報

イベント名:2023年国際放送機器展(Inter BEE 2023)
会期:2023年11月15日(水)〜17日(金)
会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
入場:無料(登録制)
出展場所:ホール3 小間番号 3302


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

LiveShell Xなど下取りでLiveShell W購入価格59,950円となる買い替えプログラムのご案内

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、ライブ配信機器「LiveShell W」への買い替え時における、自社ライブ配信機器の下取りプログラムに新たに「LiveShell X」を加えたことをお知らせします。

Cerevoの下取りプログラムはオフィシャルストアで現在お手持ちの対象機種の下取り申し込みをし、機種を回収させていただくことで、LiveShell Wを59,950円にてご購入いただける仕組みです。

なお、LiveShell X本体および関連アクセサリやバッテリーは生産終了とし、在庫限りの販売となります。すでにLiveShell Xのプレミアム保守をお申し込みの方は提供内容・期間に変更はございませんが、新規お申し込みに関しましては11月末を持って終了します。

●下取りプログラムのご案内

いまご利用のLiveShell X、LiveShell 2、LiveShell PRO、LiveWedgeいずれかの下取りをお申し込みいただくと、後継機種「LiveShell W」を通常価格87,890円(税込)のところ、割引価格の59,950円(税込)にてご提供いたします。

下取り対象機種

  • LiveShell X
  • LiveShell PRO
  • LiveShell 2 ※1
  • LiveWedge

購入対象機種

LiveShell W(CDP-LS05A)

LiveShell W 割引後の価格

59,950円(税込)

下取り条件

  • 機種買い替え時、下取り申込み機種をCerevoへご送付いただくこと ※2
  • 下取り対象となるLiveShell X/LiveShell PRO/LiveShell 2/LiveWedgeの 購入記録(メール・レシート等)の控えのご提出 ※3
  • お申し込みいただくお客様が、下取り申込み機種の所有権を有していること

お申し込み方法

以下、下取りプログラム専用LiveShell W販売ページより、お申し込みください。
ご購入お申し込み後、下取り申し込み機種と購入明細を30日以内にご送付ください。※2

下取りプログラム専用LiveShell W販売ページ

法人の方で、複数台まとめてお申し込みをご希望いただく場合は support+liveshell@cerevo.com まで、ご連絡ください。

各機種の初期化について

下取りお申し込みいただきご送付いただく機種は、個人情報が残らないようお客様の責任で初期化を行ってください。

ご注意事項

※1: LiveShell 2はすべてのサポートを終了しております。
※2: 下取りお申込み機種のご送付費用はお客様ご自身でのご負担をお願いしております。ご送付先は、「下取りプログラム専用LiveShell W販売ページ」記載の下取り機送付先へお送りください。
※3: 下取りプログラムは対象機種1台につき「LiveShell W」1台の買い替え分が適用されます。複数台をまとめてお申し込みいただくことも可能です。
※4: 2023年7月1日からの価格改定に伴い、LiveShell 2/LiveShell PRO/LiveWedgeの下取り価格を変更しました。

製品ご利用についてのお問い合わせ先
support@cerevo.com


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、NAB Show New York 2023に開発中のタリーランプシステム新製品をデモ展示

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2023年10月24日から26日にかけてアメリカ・ニューヨークで開催されるメディア総合イベント「NAB Show New York 2023」に開発中の新製品を含むCerevoライブ配信関連製品をデモ展示します。

https://nabshow.com/newyork2023/

Cerevoブースでは、来春に発売予定の新製品・タリーランプシステム「FlexTally」の後継機モデルとあわせ、ライブ配信機器「LiveShell W」のデモ展示を行います。本格的なライブ配信をコンパクトかつ低価格に実現するための構成の体験が可能です。

■出展情報
イベント名:2023 NAB Show New York
会期:2023年10月24日(火)〜26日(木)
会場:JAVITS CENTER(New York)
出展場所:311, Level 3


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、“作ってみた”を楽しむ祭典「NT東京2023」に協賛のお知らせ

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手掛ける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2023年11月4日(土)〜5日(日)に科学技術館にて開催されるハンドクラフト品を展示するイベント「NT東京2023」に協賛します。

これまでCerevoは、スマホで動く改造ミニ四駆「MKZ4」のMaker Seriesや、VC・アクセラレーターと共にハードウェアスタートアップ支援体制の構築など、幅広く技術産業における支援を行ってまいりました。今回、様々な技術を活用した作品が展示される「NT東京2023」の主旨に賛同し、協賛するものです。イベントにおいては、Cerevoのライブ配信機器やスマート・トイを展示します。

本イベントでは2日間の開催で100組以上の出展者が、独自に作り上げた作品の展示を行います。電子楽器やロボット、ハンドクラフトから裁縫など、ユニークなプロダクトが大集合するまたとない機会です。ぜひお立ち寄りください。

●NT東京2023 概要

開催日時:2023年11月4日(土)〜5日(日) 10時〜17時
開催場所:科学技術館 催事場2〜4(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:無料
※科学技術館の他の展示をご覧いただく場合は、別途入館料が必要です

公式サイト:https://wiki.nicotech.jp/nico_tech/?NT%E6%9D%B1%E4%BA%AC2023
公式X(Twitter):https://x.com/NT_tokyo_info

主催:NT東京実行委員会
協賛:株式会社Cerevo


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

「PSYCHO-PASS サイコパス」10周年を記念し、自動変形型「DOMINATOR」復刻モデルを9月20日より予約販売開始

〜全台シリアルナンバー付きプロテクターケースに収納、数量限定販売〜

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手掛ける株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2016年に発売したアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」(制作: サイコパス製作委員会)の劇中と同様の自動変形機構を備えたスマート・トイ「DOMINATOR」の、10周年記念復刻モデル「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」を数量限定で発売します。

2023年9月20日(水)19時より、Cerevoオフィシャルストアにて、価格148,500円(税込)で予約販売を開始。全台シリアルナンバー付きプロテクターケースに収納し、2024年春より順次お届けします。

DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION
https://dominator.cerevo.com/ja/

■「DOMINATOR」10周年復刻モデルについて

今回発売する「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」は、2016年に発売した「DOMINATOR – SPECIAL EDITION」のデザイン、材質、機能を、そのままに復刻したモデルとなります。本体のグリップ部分に天然のローズウッド削り出しオイル磨き仕上げの素材を使用。公安局マーク部分は削りのアルミ素材による台座に合成ルビーをあしらい、アクセサリーのような質感を実現しています。

CerevoのDOMINATORは、パラライザーからエリミネーターへと変形する電動フル可動モデルです。2019年に必要な部品調達が困難になったことから生産を終了としていました。しかし、作品のファンの方々からの熱いご要望が世界中から絶え間なく届き、今回アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」放送開始から10周年であることを記念し、内部機構を改修することで復刻モデルとしての販売を実現しました。

前モデルからの変更点は、下記2点となります。

  • パッケージをシリアルナンバー付きプロテクターケースに変更
  • 自動変形はそのままに、内部機構を改修

日本での予約受付期間は2023年9月20日(水)19時〜2023年11月30日(木)までとし、予定数量に達し次第、期間前でも予約受付を終了します。日本以外のエリアへの販売に関しましては、改めてCerevoグローバルアカウントよりご案内します。

●「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」詳細

■本体

  • DOMINATOR(SPECIAL EDITION同等品)

■同梱品

  • バッテリー ×1
  • 充電器(USB給電式)
  • スターターガイド
  • シリアルナンバー付きプロテクターケース
    ※本体をプロテクターケースに収納してお届け

■概要

価格:148,500円(税込)
型番:CTP-DM01A-AE
JAN:4582327552715

■予約販売 Cerevoオフィシャルストア
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=176462199

※2023年9月20日(水)19時より、予約販売開始
※上記URLからのご予約は、日本国内のお届けのみとなります。

■シリアルナンバー付きプロテクターケースについて

前モデルでは別売りとしていたプロテクタケースを、10周年復刻モデルでは全台パッケージにして販売します。防水、耐荷重、耐衝撃性を備えた特殊樹脂を用いたドミネーター専用デザインの保護ケースです。

DOMINATORはシリアルナンバー付きプロテクターケースに入った状態でお届け

今回のプロテクターケースには、より作品の世界観をお楽しみいただけるよう、全台異なるシリアルナンバーが刻印されたプレートを備え付けています。

※シリアルナンバーをお選びいただくことはできません。
※画像は監修中のデザインで、お届け時に変更となる可能性がございます。

■DOMINATOR 搭載機能について

DOMINATORは、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場する銃器型の「鎮圧執行システム」を再現したスマート・トイです。Production I.G監督・塩谷直義氏、ニトロプラス所属のメカニックデザイナー・石渡マコト氏の監修を受け、ドミネーターの特徴である自動変形機構に加え、音声再生機能、LED発光、タッチセンサー制御、犯罪係数測定など、作品の世界観を忠実に反映しました。

劇中同様の自動変形機構を搭載

本製品のためにカスタマイズした専用ギヤードモーターを搭載し、「パラライザー」「エリミネーター」2つのモード間を対象の脅威判定に従って自動で変形する機構を搭載。電動による変形機構を備えたドミネーターは世界でCerevoのプロダクトのみとなります。

「犯罪係数」に連携した自動変形を実現

劇中で登場する「犯罪係数」を再現。ドミネーターを向けた相手の犯罪係数を測定し、測定結果を音声で読み上げるほか、ドミネーターの先端に搭載したカメラの映像をスマートフォンアプリでストリーミング再生し、測定した犯罪係数とともに表示できます。劇中同様、相手の犯罪係数によってドミネーターが自動でエリミネーターに変形する、トリガーをロックするといった連携に加え、犯罪係数が表示された画面をキャプチャしてスマートフォンに保存することもできます。

DOMINATORに搭載されたカメラ映像をアプリから見ることができる

※「犯罪係数」はドミネーターを向けた相手ごとに異なる数値を表示します。「犯罪係数」とは作品中に登場する用語でありフィクションです。

日髙のり子さんによる100種類以上の音声

キャラクターボイス(CV)は劇中同様に日髙のり子さんが担当。CerevoのDOMINATORのためだけに100種類以上の声を収録し、グリップをにぎる、特定の人に向けるといったシーンに応じて内蔵スピーカから発声します。音声はスマートフォンのアプリから再生することもできるため、スマートフォンと接続できる外部スピーカを用意することで、より高音質で楽しむこともできます。

※サウンドテストモードで再生できる音声は71種類です。
※DOMINATOR専用アプリは、2024年春時点のiOS/Androidに対応予定です。

タッチセンサーや200個以上のLEDで劇中の世界観をより再現

世界観をより再現するための機構として、グリップ部にタッチセンサーを搭載。作中同様にグリップを握るとドミネーターが自動で起動するほか、不正ユーザーとしてトリガーをロックする、といった設定も可能です。さらに本体には総数217個ものフルカラーLEDを搭載。通常時・変形時・執行時とモードに合わせて発光状態が変化します。

Cerevoオフィシャルストア「DOMINATOR – 10TH ANNIVERSARY EDITION」
2023年9月20日(水)19時より、予約販売開始
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=176462199


■株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

シルク・ドゥ・ソレイユ『KURIOS』の演出に光るスマート・ヨーヨー「7-Magic」が期間限定で登場

Cerevoのスマート・ヨーヨー「7-Magic(セブン・マジック)」が、ヨーヨー世界チャンピオンの経歴を持つヨーヨーパフォーマー・BLACK氏が出演する、ベルギーにて公演中のシルク・ドゥ・ソレイユ『KURIOS(キュリオス)』の演出に期間限定で登場しました。

BLACK氏がシルク・ドゥ・ソレイユ控室でセッティングしている様子

7-MagicはBLACK氏と共同で開発した、ヨーヨープレイヤー向けのスマート・ヨーヨーです。本体には合計21個の高輝度LEDと本体制御用のBluetooth(Bluetooth Low Enegy)を搭載。指定のタイミングでLEDを点灯させることで、音楽や映像に合わせてヨーヨーが光るパフォーマンスを行なうことができます。

※劇中で使用している「7-Magic」の意匠は、パフォーマンス用の特別仕様版となっております。

7-Magic(特別仕様版)と設定アプリの様子

7-MagicはBLACK氏の経験をもとに最大輝度で1,100ルクスと、既存製品比で200倍以上となる明るさのLEDを搭載。赤・青・緑それぞれの高輝度LEDを搭載することで回転時にはフルカラーLEDのように見えるギミックとしました。また、映像・音楽にあわせてフルカラーLEDを点灯させる機能を備えています。

※発売当時 弊社調べ。照度計にて、ヨーヨー本体から5cm地点での計測

BLACK(ヨーヨーパフォーマー/シリアルドリーマー)

2度の世界大会優勝経験を持つプロのヨーヨーパフォーマー。シルク・ドゥ・ソレイユ初のヨーヨーアーティストとしてツアーショー「KURIOS」に出演し、通算500回以上のショーを好演。さらに自身の経験を通じ「情熱は不可能を可能に変える」「夢の叶え方」といった講演も積極的に行ない、2013年にはTEDカンファレンスにも登壇。7-Magicの開発アドバイザー。

公式サイト


お問い合わせ窓口
製品に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
support@cerevo.com

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

Dashboard、テロップ機能不具合におけるお詫びと復旧のご報告

平素より、株式会社Cerevoのライブ配信機器「LiveShellシリーズ」をご利用いただきありがとうございます。

当該シリーズの下記対象製品からライブ配信操作・設定Webアプリ「Dashboard」に接続した場合に、テロップ機能に不具合が生じていること2023年8月10日午前中に確認し、現在は復旧を完了しております。

この度はご利用の皆様にご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。

発生した不具合について

影響範囲:

  • LiveShell 2
  • LiveShell PRO
  • LiveShell X
  • LiveWedge

不具合詳細:

Dashboardのテロップ機能(文字列・画像・一時停止画像)を利用して、配信映像の上にテキストや画像の表示が行えない

不具合発生時期:

2023年8月10日AM11:00頃(JST)

不具合解消時期:

2023年8月10日PM18:00頃(JST)

製品のご利用についてのご質問ならびにお気づきの点ございましたら、以下お問い合わせ窓口までご連絡くださいませ。

お問い合わせ窓口
製品ご利用に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
support@cerevo.com

『PSYCHO-FES 10th ANNIVERSARY』の演出にCerevoのDOMINATORが登場

Cerevoのスマート・トイ「DOMINATOR(読み:ドミネーター)」が、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」第1期の放送開始から10周年を記念し6月17日に東京ガーデンシアターで開催された『PSYCHO-FES 10th ANNIVERSARY』のオープニング演出に登場しました。

「PSYCHO-FES 10th ANNIVERSARY」イベントレポート
https://psycho-pass.com/news/20230628_01.php
©サイコパス製作委員会

『PSYCHO-FES 10th ANNIVERSARY』は、関智一さん(狡噛慎也役)、花澤香菜さん(常守朱役)などの歴代キャスト登壇のほか、凛として時雨、EGOIST、Who-ya Extended、Cö shu Nieなどのアーティストたちが一堂に会したイベントです。そのイベントに訪れたお客様が会場に着席する時間帯に、執行官に扮したキャストがCerevoのDOMINATORを用いてお客様の犯罪係数を測るなどの演出がございました。

ご来場の皆様にもお楽しみいただけたというお声をちょうだいし、記念すべきイベントの盛り上げに協力できましたこと、とても嬉しく感じております。

CerevoのDOMINATORは、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場する銃器型の「鎮圧執行システム」を再現したスマート・トイです。監督・塩谷直義氏、デザイナー・石渡マコト氏(ニトロプラス)の監修を受け、DOMINATORの特徴であるパラライザーからエリミネーターに劇中同様に変形する機構に加え、音声再生機能、LED発光、タッチセンサー制御、犯罪係数測定など、作品の世界観を忠実に反映しました。これまでに日本をはじめ北米・欧州・アジア諸国など世界中で販売、多くの作品ファンの方から支持いただいています。

この度のイベント内で、DOMINATORのキャラクターボイス(CV)を務め、弊社製品開発にも多大なご協力をいただいた日髙のり子さんのお手紙にて、弊社DOMINATORに言及いただけましたこと、開発メンバーを始め、弊社にとって何ものにも代え難いお言葉は望外の喜びです。いただいたお言葉を胸に留め、今後も皆様の夢を形にし、お届けしていけるよう努めてまいります。

改めて、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」10周年をお祝いすると共に、作品と関わる全ての皆様の益々のご発展をお祈り申し上げます。


お問い合わせ窓口
製品に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
support@cerevo.com

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

『管理社会に潜む爆弾魔からの脱出』の演出にCerevoのDOMINATORが登場

Cerevoのスマート・トイ「DOMINATOR(読み:ドミネーター)」が、東京・名古屋等全国6都市で順次開催予定のリアル脱出ゲーム×PSYCHO-PASS『管理社会に潜む爆弾魔からの脱出』の演出に採用されました。劇中で、本製品を用いた演出が登場します。

リアル脱出ゲーム×PSYCHO-PASS『管理社会に潜む爆弾魔からの脱出』
https://realdgame.jp/psycho-pass/
©サイコパス製作委員会 ©SCRAP

リアル脱出ゲームは、謎解きを通して物語を体験する参加型ゲーム・イベントです。『管理社会に潜む爆弾魔からの脱出』では、参加者が監視官を目指す研修生となり、先輩監視官の常守朱らと協力して、 突如勃発した爆弾事件を解き明かします。CerevoのDOMINATORは、本作のPVおよび劇中の演出に採用されています。

CerevoのDOMINATORは、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場する銃器型の「鎮圧執行システム」を再現したスマート・トイです。監督・塩谷直義氏、デザイナー・石渡マコト氏(ニトロプラス)の監修を受け、DOMINATORの特徴であるパラライザーからエリミネーターに劇中同様に変形する機構に加え、音声再生機能、LED発光、タッチセンサー制御、犯罪係数測定など、作品の世界観を忠実に反映しました。これまでに日本をはじめ北米・欧州・アジア諸国など世界中で販売、多くの作品ファンの方から支持いただいています。

本製品が、本作品の世界観を皆様に楽しんでいただくための一助となれていることを大変に光栄に感じると共に、今後も様々な世界観を演出する幅広いハードウェアの企画・開発を推進して参ります。


お問い合わせ窓口
製品に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
support@cerevo.com

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下よりご相談をお受けしています。
https://cerevo.com/contact

■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

LiveShell Studioにメモリー機能・キー割り当て設定追加。LiveShell W公式キーパッドモジュールを発売

コネクテッド・ハードウェアの企画・共同開発・販売を行なう株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、2画面切替対応のマルチライブ配信機器「LiveShell W」搭載の配信設定Webアプリ「LiveShell Studio」において、メモリー機能・キー割り当て設定が利用可能となるファームウェア v1.6.0を公開しました。

あわせて、LiveShell Studioで登録したメモリーの呼び出しなどのキー割り当て設定先として利用できるキーパッドモジュール「LiveShell ControlPad」を6月26日(月)より発売します。Cerevo直販サイト「Cerevo official store」の価格は8,800円(税込)です。

LiveShell ControlPad
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=174143709

LiveShell ControlPadは、LiveShell W本体にUSB接続するだけでLiveShell Studio上で行う操作を各キーに割り当てることができます。

●LiveShell W Firmware v1.6.0について

本ファームウェアより「メモリー機能」「キー割り当て設定」が利用できます。また本体のメモリーボタンの利用と、LiveShell ControlPad等を接続してのキーコンフィグが可能となります。

※v1.4.1以前のファームウェアに上書きしてアップデートした場合、LiveShell Studio内に保存されているテロップメモリーが初期化されます。更新前に画像等の保存を行なってください。

Firmware v1.6.0ダウンロードはこちら
https://liveshell-w-manual.cerevo.com/release_v1.6.0.html

メモリー機能

LiveShell Studioの画面合成(画面切替エフェクト・PinP・画面分割・クロマキー)・テロップ・オーディオミキサーで設定した複数の値やデータを1つのメモリーとして登録しておくことができます。登録したメモリーはいつでも呼び出して反映することができ、登録数に制限はありません。事前に複数の設定を登録しておくことで、ライブ配信中に多様な設定を簡単に切り替えることができます。

登録したメモリーはドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることが可能

キー割り当て設定

LiveShell W本体の物理ボタンおよびUSB接続したLiveShell ControlPadやキーボード等に、指定した機能やメモリーや配信制御を任意のボタンに割り当てられます。LiveShell ControlPadを使用した場合、配信開始やカメラA-B切り替えの様なLiveShell Wの基本操作から、オーディオミキサーをダイヤルに割り当て音量を変更する、メモリー機能で登録した複雑な設定を反映するといった作業がワンタッチで行え、よりスムーズなライブ配信操作が可能となります。

それぞれの詳細な利用方法はオンラインマニュアルも合わせてご覧ください。 

LiveShell ControlPad製品仕様

サイズW 119mm x D 55mm x H 40mm
重量約 80g
電源5V 1A (USB給電)
型番CDP-LSC06A
JANコード4582327552685
同梱品USB-A to USB-Cケーブル
対応機種LiveShell W

LiveShell Wについて

LiveShell Wは世界85エリア以上で利用されている、Cerevoのライブ配信機器「LiveShellシリーズ」の最新機種です。2入力ビデオスイッチング、映像合成、テロップ合成、オーディオミキサー、ライブエンコーダー、レコーダー機能を小さな筐体に凝縮しました。

本機単体でもお手軽にライブ配信が可能ですが、本製品と組み合わせることでよりプロフェッショナルな配信を行うことができます。

LiveShell Wの製品詳細については、プロダクトWebサイトもあわせてご覧ください。
https://liveshell.cerevo.com/ja/w/

LiveShell W Firmware v1.6.0 Release Notes
https://liveshell-w-manual.cerevo.com/release_v1.6.0.html

CDP-LSC06A LiveShell ControlPad購入ページ
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=174143709


■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

タリーランプシステム「FlexTally」がMacに対応。PCアプリをリニューアルし公開

コネクテッド・ハードウェアの企画・共同開発・販売を行なう株式会社Cerevo(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 大沼 慶祐)は、マルチアングルライブ配信向けタリーランプシステム「FlexTally」の設定アプリケーション「FlexTally Utility」をリニューアルし、Windows・MacOS対応版(ver2.0.0)を公開しました。

FlexTally Utility ver2.0.0 ダウンロード
https://flextally.cerevo.com/ja/docs/updates/

FlexTally Utility ver2.0.0では、新たににMacOSに対応し、ソフトウェアのリニューアルを行いました。
また、FlexTallyステーションの無線接続時の安定性を向上するファームウェア(Rev. 0031)を合わせて公開しています。

最新のファームウェアは、リニューアル後のFlexTally Utility(ver2.0.0)から、インストールいただけます。

FlexTally アップデート履歴
https://flextally.cerevo.com/ja/docs/updates/

※2023年5月現在、MacOS版ではWirecastとの接続設定は未対応となっております。Wirecastでお使いいただく場合にはWindows版ユーティリティにて設定を行ってください。

【各種アップデートについて】
https://flextally.cerevo.com/ja/docs/updates/

上記Webページより最新の「FlexTally Utility」をダウンロードいただけます。

※前verの同アプリがインストールされている場合は、一度アンインストールした後にインストールを行ってください。
※最新ファームウェアは、最新の「FlexTally Utility」からのみインストールいただけます。


■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

LiveShell W Firmware v1.5.0をリリース

株式会社Cerevoは、ライブ配信機器「LiveShell W」搭載の配信設定Webアプリ「LiveShell Studio」における拡張テロップ機能を、ファームウェア v1.5.0において公開しました。

v1.5.0のアップデート内容

ファームウェア v1.2.0より公開した、LiveShell Studioの配信中の映像に文字・画像を重ねることが出来るテロップ機能において、下記機能を拡張し、より配信内容にあわせた効果を簡単にリアルタイムにご利用いただけるようになりました。

拡張機能

  • 文字色・背景色・縁取りをカラーバーから任意の色および透明度が指定可能に
  • レイヤー機能による複数の画像やテキストのON/OFFおよび重ね順の入れ替えが可能に

対象ファームウェアをアップデートいただくと、LiveShell Wをお持ちの全てのお客様で、対象機能をご利用いただけます。

リリースの詳細についてはリリースノートをご覧ください。

詳細な利用方法はオンラインマニュアルも合わせてご覧ください。  

LiveShell Wについて

LiveShell W

本体価格 99,000円より販売中  

LiveShell Wは、初代発売から今年で11年を迎えるLiveShellシリーズ最上位モデルです。世界中で愛用されている「LiveShell X」搭載の機能に加え、2入力ビデオスイッチング、映像エフェクト機能をコンパクトな筐体に凝縮。モニタ出力、オーディオ入力など、豊富な入出力端子を備えています。また本体のコントロールダイヤルと映像セレクトボタンで映像切替操作が可能です。マイクアンプを内蔵し音声コントロールも自在です。

LiveShell W 製品Webサイト

https://liveshell.cerevo.com/ja/w/  

LiveShell Studioについて

LiveShell Studioは、LiveShell Wに搭載された配信設定Webアプリです。同じネットワーク内のPC・タブレット・スマートフォンのブラウザから利用可能で、ミックス、P in P、テロップ、クロマキー等の映像エフェクト効果や音声効果、配信先が誰でも簡単に設定できます。

プルダウンやスライダー等の直感的な操作で簡単に配信映像や音声設定できるほか、ビデオスイッチング・オーディオミキシング・配信先や録画設定等、配信に必要な操作の全てが1画面で完結します。

また、2023年5月中旬以降にメモリー機能の公開を予定しています。メモリー機能で欲しいレイアウトを瞬時に呼び出し可能。慌ただしい現場でもスムーズなワークフローを実現します。詳細は別途、CerevoのWeb・SNSでお知らせします。  

お問い合わせ窓口

製品ご利用に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
support@cerevo.com

Dashboardメンテナンスによるサービス停止と、停止中の配信方法のお知らせ

日頃CerevoのLiveShellシリーズおよびLiveWedgeをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、下記の日時においてDashboardのメンテナンスを実施させていただきます。メンテナンスに伴い、日本を含む全てのエリアからDashboardへのアクセスならびにご利用ができない時間が発生いたします。お客様には大変ご不便をおかけしますこと、お詫び申し上げます。

メンテナンス状況に関しましては、当WebページおよびCerevo公式FacebookページTwitterアカウントにて状況をお知らせいたします。

Dashboardメンテナンス情報をメールでお知らせするメールマガジンを以下フォームよりご登録いただけます。今後、メンテナンス情報をお受け取りご希望の方は、以下フォームよりご登録をお願いいたします。

▼お知らせメール配信登録フォーム
https://forms.gle/iamJ9VrFosCDGtMR8

メンテナンス日時:
2023年2月16日(木) 01:00 ~ 08:00

停止対象サービス:
ライブ配信操作・設定Webアプリ「Dashboard」

影響のある対象機器:

  • LiveShell 2
  • LiveShell PRO
  • LiveShell X
  • LiveWedge

メンテナンス時にご利用いただけない機能:

  • Dashboardへのアクセス
  • 対象機器から、Dashboardを利用したライブ配信

メンテナンスの影響なくご利用いただける機能:

【参考】各配信先のRTMP URLの取得の仕方

お問い合わせ窓口

製品ご利用に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
support@cerevo.com

LiveShell W Firmware v1.3.0をリリース

2022年8月に販売開始したCerevoのライブ配信機器 LiveShell Wの新ファームウェアをリリースしました。

機能改善

  • 映像合成機能の Picture in Picture (PinP) で、サブ映像のサイズおよび配置箇所を、任意に調整できるようにした。

  • 映像合成機能の左右分割(Split)で、分割方法として、従来の中央分割モードに加え、セミナーモード(4:3または16:9のスライドと演者を左右に並べる構成)を追加した。

  • 映像合成機能の左右分割(Split)の中央分割モードにおいて、クロップ位置を左右または中央のいずれかから選択できるようにした。

  • Audio Follow Video (AFV) 機能で、オーディオのクロスフェードがより自然となるよう聴感を調整した。

  • USBオーディオ入力は、v1.2.x ではインタフェースデバイスのハードウェアミキサを制御することで音量調整およびミュートを行っていたが、v1.3.0 から LiveShell W のオーディオミキサで制御するよう仕様を変更した。これに伴い、フェーダーの単位も % から dB に変更した。従来の仕様では、ハードウェアミキサを有しないデバイスの音量調整ができなかった。なお、USBオーディオ出力は、従来どおりインタフェースデバイスのハードウェアミキサを制御する。

不具合の修正

  • RTMP/RTMPS配信の接続が一度切れて自動的に再接続した際に、配信ステータスが更新されなくなる不具合を修正した。

詳細は、ファームウェアノートをご確認ください。 

ファームウェアアップデートのやり方につきましては、Cerevo YouTubeチャンネルをご確認ください。

LiveShell Wは、初代発売から今年で11年を迎えるLiveShellシリーズ最上位モデルです。世界中で愛用されている「LiveShell X」搭載の機能に加え、2入力ビデオスイッチング、映像エフェクト機能をコンパクトな筐体に凝縮。モニタ出力、オーディオ入力など、豊富な入出力端子を備えています。また本体のコントロールダイヤルと映像セレクトボタンで映像切替操作が可能です。マイクアンプを内蔵し音声コントロールも自在です。

ファームウェアのアップデート方法については、マニュアル を参照してください。

 

LiveShell Wはこちらからご購入いただけます。

Cerevo official Store LiveShell W

今後ともCerevoをよろしくお願いいたします。

 


株式会社Cerevo

代表取締役 大沼 慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

・コーポレートWeb https://cerevo.com/
・公式Facebook https://www.facebook.com/cerevo/
・公式Twitter https://twitter.com/cerevo/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

【好評につき延長】販売各社と共同で「LiveShell W」お試し価格キャンペーン開始

〜Cerevoオフィシャルストアでは25%割引にて販売〜

株式会社Cerevoは、ライブ配信機器「LiveShellシリーズ」の最新機種「LiveShell W」について、販売各社と共同で、お試し価格キャンペーンを2022年11月25日(金)から期間限定で開始します。

期間中、Cerevoオフィシャルストアでは通常価格から25%割引にて販売するほか、「LiveShell W」を取り扱う販売各社でもお得な価格でお買い求めいただけます。

Cerevoオフィシャルストア
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=167166492

LiveShell Wは、初代発売から今年で11年を迎えるLiveShellシリーズ最上位モデルです。世界中で愛用されている「LiveShell X」の設計を継承しつつ、2入力ビデオスイッチャー、レコーダー、オーディオミキサなどをコンパクトな筐体に凝縮しています。

今回のキャンペーンは、「LiveShell W」による高品質なライブ配信を幅広い方にお試しいただけるよう販売店各社と共同で提供するものです。

Cerevoオフィシャルストアでの実施内容について

対象のライブ配信機器「LiveShell W」を含む商品ご購入時に指定のクーポンコードを入力すると期間限定で25%割引となります。

Cerevoオフィシャルストア
https://cerevo.shop-pro.jp/?pid=167166492

●対象商品と割引価格

通常価格(税込)25%割引価格(税込)
LiveShell W(単体)99,000円74,250円
LiveShell W(付属品あり)107,800円80,850円

●クーポンコード

2022-23_LSWtTvJKV

※ご購入時にクーポンコードをご入力ください。クーポンコードのご入力がない場合、割引となりませんのでご注意ください。

●キャンペーン期間

2023年3月31日(金)まで ※好評につき延長中!

※予定販売数量に達し次第、予定日前に終了となる場合がございます。

●諸案内

  • クーポンコードのご利用回数に制限はございません。
  • LiveShell Wの詳細については公式サイトもあわせてご覧ください。

■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、ヒビノグループへの参画に関するお知らせ

2022年11月7日
株式会社Cerevo

Cerevo、ヒビノグループへの参画に関するお知らせ

株式会社Cerevo(本社:東京都千代田区、代表取締役:大沼 慶祐、以下 Cerevo)は、ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:日比野 晃久、以下ヒビノ社)の連結子会社として、ヒビノグループに参画しましたので、下記の通りお知らせします。

1. グループ参画の目的

Cerevoは2008年の創業以来、多くの製品開発、製造、販売を行ってきました。近年では、自社製品に留まらず、共同・受託開発も行い、事業の拡大を図っています。自社の最大の強みである「新たなプロダクトを生み出す力」を活かし、コネクテッド・デバイスによる豊かな生活の実現に取り組んでいます。

一方、ヒビノ社は「音と映像のプレゼンテーター」を掲げ、音響・映像を中心とした製品の開発、製造、販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスなど、多様なマーケットで事業を展開しています。また、M&Aを積極的に活用し、これらの領域においてオンリーワン、ナンバーワン企業が集まり連携する仕組みをつくる「ハニカム型経営」を推進しています。

本件取引に伴い、ヒビノ社が持つ技術力や販売ネットワークを活かしCerevoの更なる成長、新規顧客の獲得を見込んでおります。また、ものづくり事業の強化を目指すヒビノグループにおいて、Cerevoの製品企画力と、ヒビノ社の様々な経営資源を掛け合わせた製品開発を行い、グループの事業構造強化に努めて参ります。

2. 今後の経営体制について

本件取引は、双方の更なる事業の拡大を目的としております。現在のところ、サービス提供体制において大きな変更は予定しておりません。既存ユーザー様やビジネスパートナー様に対しましては、これまで以上に付加価値の高い製品、サービスを提供できるよう、尽力して参りますので、引き続き、ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

ヒビノ株式会社

会社名:ヒビノ株式会社
所在地:東京都港区港南3-5-14
設立:1964年11月
資本金:17億4,865万円(2022年3月31日現在)
代表者:代表取締役社長 日比野 晃久
会社HP: https://www.hibino.co.jp/


■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevo、Inter BEE 2022にライブ配信機器「LiveShell W」新型コントローラー等をデモ展示

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevoは、2022年11月16日から18日にかけて幕張メッセで開催されるメディア総合イベント「Inter BEE 2022」に8月に発売した「LiveShell W」を含むCerevoライブ配信関連製品をデモ展示します。

https://www.inter-bee.com/ja/

Cerevoブースでは、初代発売から今年で11年を迎えるLiveShellシリーズ最上位モデル「LiveShell W」で利用可能な未発表の新型専用コントローラーや、USBオーディオインタフェースからの入出力を利用した配信、配信設定アプリ「LiveShell Studio」でのメモリ機能や自由度の高いPinPといった新機能のデモ・参考展示を行います。

また、世界85エリア以上で利用されているライブ配信機器「LiveShellシリーズ」と汎用タリーランプ・システム「FlexTally」と各種アクセサリを用いた、本格的なライブ配信をコンパクトかつ低価格に実現するための構成の体験が可能です。

■出展情報

イベント名:2022年国際放送機器展(Inter BEE 2022)
会期:2021年11月16日(水)〜18日(金)
会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
入場:無料(登録制)
出展場所:ホール5(小間番号 5208)


■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

Cerevoの認定インテグレーションパートナーに新たにキュリー社・ドリームクエスト社が参画

株式会社Cerevoが企画・開発・販売するライブ配信機器「LiveShellシリーズ」を中心とした技術開発・新製品企画・製品を利用した活動支援連携していくことを目的とした法人向け「Cerevo認定インテグレーションパートナー」プログラムに、新たにキュリー株式会社と株式会社ドリームクエストの2社が参画しました。

Cerevo認定インテグレーションパートナーは、Cerevoが取り扱うプロダクトを用いたシステム・ビジネス提案やエンジニアリングサービスの提供を可能とする、密接な連携を想定したCerevo公認のパートナー企業です。本プログラムにおいてパートナー認定を受けた場合、Cerevo新製品情報や技術の提供、プロモーション活動の支援、ライブ配信市場動向の共有会、優先サポート対応の特典を受けることが可能です。この度、本プログラムのパートナーとしてキュリー株式会社と株式会社ドリームクエストを認定しました。

配信事例紹介:キュリー株式会社

●キュリー株式会社 最高技術責任者 稲垣 有哉様

キュリー株式会社は、学生団体のオンラインイベント技術支援や企業や地方自治体のオンラインセミナー配信や動画教材制作からシステム開発まで幅広く行っている教育強化型の配信・映像制作会社です。ライブ配信においては企画から、スタッフィング、オペレーションまで全てワンストップでご提供しており、お客様のご要望に柔軟に対応させて頂きます。

ワークショップの開催ノウハウやオウンドメディアを利用し、企画から運営・広報までを一貫して請け負うことができます。zoomやTeamsのサポートからセミナー配信・教材制作や本格的な生配信番組まで幅広くサービスを提供しております。

今回Cerevo様のパートナープログラムに参画させて頂くことより他参画企業様含め連携を深めることで、より一層ライブ配信業界を盛り上げて行くことができればと考えております。また特に教育業界に近い配信会社として、講義やセミナーなどのオンライン配信をより身近な存在とすることで地方と都市の教育格差を少なくする取り組みも実施出来ればと考えております。

キュリー株式会社
東京都台東区東上野2丁目10-10 協和ビル 3階
https://about.qulii.jp/

●株式会社ドリームクエスト 代表取締役 志村 孝夫様

弊社は、岐阜県、石川県、兵庫県でのドローンスクール、空撮、太陽光パネル点検、農業支援など各種ドローン事業を行っています。ドローンスクールでは国内最安級価格にて国交省認定資格の発行を行い、年間500名以上のドローン操縦士を輩出しています。

Cerevo様のパートナー企業になることで、手軽にできる映像配信技術を活用し、大小、規模を問わずイベント映像を楽しんだり、災害時はもちろんのこと、日ごろからの地域の状況把握を行う事ができると考えております。全ての人がメディアになる時代、より多くの人に映像を届けていきたいと思います。

株式会社ドリームクエスト
岐阜県揖斐郡大野町大字桜大門496番地13
https://dreque.com/


■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

LiveShell W Firmware v1.2.2をリリース

2022年8月に販売開始したCerevoのライブ配信機器 LiveShell Wの新ファームウェアをリリースしました。

詳細は、ファームウェアノートをご確認ください。 

ファームウェアアップデートのやり方につきましては、Cerevo YouTubeチャンネルをご確認ください。

LiveShell Wは、初代発売から今年で11年を迎えるLiveShellシリーズ最上位モデルです。世界中で愛用されている「LiveShell X」搭載の機能に加え、2入力ビデオスイッチング、映像エフェクト機能をコンパクトな筐体に凝縮。モニタ出力、オーディオ入力など、豊富な入出力端子を備えています。また本体のコントロールダイヤルと映像セレクトボタンで映像切替操作が可能です。マイクアンプを内蔵し音声コントロールも自在です。

ファームウェアのアップデート方法については、マニュアル を参照してください。

 

LiveShell Wはこちらからご購入いただけます。

Cerevo official Store LiveShell W

今後ともCerevoをよろしくお願いいたします。

 


株式会社Cerevo

代表取締役 大沼 慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

・コーポレートWeb https://cerevo.com/
・公式Facebook https://www.facebook.com/cerevo/
・公式Twitter https://twitter.com/cerevo/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

カプセル型FMラジオ電子工作ワークショップ等を秋葉原「SEEKBASE」にて開催

コネクテッド・ハードウェアの企画・共同開発・販売を行なう株式会社Cerevoは、愛三電機株式会社、CQ出版株式会社の3社合同で、秋葉原高架下の商業施設「SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE」においてコラボ企画展を実施します。開催日程は2022年11月5日(土)〜6日(日)の限定2日間です。

このコラボ企画展内でCerevoは「カプセル型FMラジオ」電子工作ワークショップを開催する他、2022年8月に発売したライブ配信機器「LiveShell W」や1/1スマート・トイ「ELUCIDATROR」、スマホで操作できる改造ミニ四駆「MKZ4」等のデモ展示および販売を行います。

愛三電機・Cerevo・CQ出版 コラボ企画展
https://cerevo-ws.peatix.com

●コラボ企画展概要

秋葉原電気街のディープな部分を体験!
「懐かしいけど新しい」をコンセプトに様々な展示・ワークショップを開催します。

【開催日程】

  • 2022/11/5(土) 11:00-18:00
  • 2022/11/6(日) 11:00-18:00

【開催場所】

SEEKBASEイベントスペース
東京都千代田区神田練塀町13-1,14-4

●Cerevoブース概要

■カプセル型FMラジオを作ろう!(半田付けあり)

https://seekbase2th-cerevo-ws.peatix.com/view

【開催日時】

2022/11/6(日) ①13時〜14時半/②15時半〜17時
※各回定員5名

【ワークショップ内容】

スタッフと一緒に、FMラジオモジュールにアンテナやスイッチを簡単な半田付けをしてガチャガチャのカプセルに収めて完成させます。
単4電池で駆動し、FMラジオとして使用可能です。初心者の方でも簡単に組み立てができます。
組み立てるものの詳細は、以下の記事もご覧ください。

https://tech-blog.cerevo.com/archives/12072/

【参加費用】

一組 3,000円(税込)

※会場で、現金でのお支払いとなります
※小学生以下のお子様がご参加の場合、1名以上の保護者の方がご同伴ください

■デモ展示・販売ブース


■株式会社Cerevo
代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。
https://cerevo.com/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com

LiveShell W Firmware v1.2.1をリリース

2022年8月に販売開始したCerevoのライブ配信機器 LiveShell Wの新ファームウェアをリリースしました。

詳細は、ファームウェアノートをご確認ください。 

ファームウェアアップデートのやり方につきましては、Cerevo YouTubeチャンネルをご確認ください。

LiveShell Wは、初代発売から今年で11年を迎えるLiveShellシリーズ最上位モデルです。世界中で愛用されている「LiveShell X」搭載の機能に加え、2入力ビデオスイッチング、映像エフェクト機能をコンパクトな筐体に凝縮。モニタ出力、オーディオ入力など、豊富な入出力端子を備えています。また本体のコントロールダイヤルと映像セレクトボタンで映像切替操作が可能です。マイクアンプを内蔵し音声コントロールも自在です。

ファームウェアのアップデート方法については、マニュアル を参照してください。

 

LiveShell Wはこちらからご購入いただけます。

Cerevo official Store LiveShell W

今後ともCerevoをよろしくお願いいたします。

 


株式会社Cerevo

代表取締役 大沼 慶祐
東京都千代田区神田錦町3-15 名鉄不動産竹橋ビル2F

Cerevoは、〈コネクテッド・デバイスで生活をもっと便利に・豊かにする〉をコーポレートスローガンに、エレクトロニクスを軸にしたサービス企画・開発・販売を手掛けるファブレスメーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、汎用無線タリーランプ・システム「FlexTally」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」などを開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

・コーポレートWeb https://cerevo.com/
・公式Facebook https://www.facebook.com/cerevo/
・公式Twitter https://twitter.com/cerevo/

報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください。
広報担当 press@cerevo.com