電源・回線・現金不要。誰でも無人販売ができる超小型自動販売機「Qvie」


2018年1月9日

電源・回線・現金不要。誰でも無人販売ができる超小型自動販売機「Qvie」

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、3G/4Gの通信機能を内蔵した超小型自動販売機「Qvie(読み:キューヴィー)」を開発、米国時間1月9日より開催される「CES 2018」において実機展示を行います。発売は2018年夏頃、価格は未定です。

Qvie
https://qvie.cerevo.com/

Qvieは、昨今のシェアリングエコノミービジネスの高まりを受けて開発した、商品を収容するカーゴユニットと、決済機能を備えたヘッドユニットで構成される超小型のキャッシュレス自動販売機です。ヘッドユニットは電子ペーパーのディスプレイとNFCを搭載しており、スマートフォンでQRコードを読み取るか、NFC対応のスマートフォンをかざすことで決済画面をスマートフォンに表示。決済が完了するとカーゴユニットが解錠され、中の商品を入手できます。

ヘッドユニットは3G/4Gの通信機能を搭載、通信に伴う面倒な設定が不要です。また、ヘッドユニット、カーゴユニットともに大容量バッテリーを内蔵しており、約1カ月間は充電不要で連続稼働します。

1台のヘッドユニットに対して複数のカーゴユニットを接続でき、さまざまな商品を同時に販売できます。

決済は昨今世界的な普及を見せている様々な事業者によるモバイルペイメント(スマートフォンを使った電子決済)に対応予定で、購入者はこれら決済サービスを利用していれば事前のユーザー登録は不要です。また、販売者はドアの開閉時間や回数、売上金額といった販売状況をスマートフォンからリアルタイムに確認することができます※1

Qvieは、AirBnBをはじめとするシェアリングエコノミーサービスや旧来型のフリーマーケット、観光地における名産品の販売といったCtoCビジネスにおいて、取引のハードルとなる現金や商品のやり取り、在庫管理といった課題を解決するために開発されました。CerevoはQvieを通じて、CtoCビジネスの活性化を図って参ります。

※1 販売者の利用料金を含む料金体系は現在のところ未定です

スペック(開発中のため変更になる可能性があります)

本体サイズ ヘッドユニット 44×45×150mm(W×D×H)
カーゴユニット 146×383×210mm(W×D×H、脚部含まず)

159×383×305mm(W×D×H、脚部含む)

重量 ヘッドユニット 未定
カーゴユニット 未定
通信方式 3G/4G
決済方法 QRコード、NFC
バッテリー駆動時間 約1カ月
対応OS iOS/Android

 

出展情報
イベント名: CES 2018
会期: 1月9日~1月12日(米国時間)
出展場所: Sands, Halls A-D – 43307
出展場所の詳細は下記URLをご参照ください。

Cerevo USA LLC
https://ces18.mapyourshow.com/7_0/exhibitor/exhibitor-details.cfm?ExhID=T0010615

 

株式会社Cerevoについて
Cerevoは、“コネクテッド・ハードウェアで生活をもっと便利に・豊かにする”をコーポレートスローガンに掲げ、ネット接続型家電の企画・開発 を手掛ける新しいスタイルの家電メーカーです。
これまでにデジタルカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、ライブ配信機能を搭載したスイッチャー「LiveWedge」、スポー ツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、9軸センサーとBluetooth4.0を搭載した IoT開発モジュール「BlueNinja」、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇中と同様の自動変形機構を備えた「ドミネーター」「攻殻機動隊 S.A.C.」のキャラクターを再現した「うごく、しゃべる、並列化する。 1/8タチコマ」などを開発・製造し、世界65カ国以上で販売しています。

株式会社Cerevo
メディア関係者の方の問い合わせ窓口
(製品に関するお問い合わせはこちらの窓口までご連絡ください)
公式twitter: https://twitter.com/cerevo/
コーポレートWeb: https://cerevo.com/

*For the English press release,(英語プレスリリース)please visit here.