Cerevo、5万円を切るワイヤレス対応のタリーランプシステム「FlexTally」開発


2017年4月24日

Cerevo、5万円を切るワイヤレス対応のタリーランプシステム「FlexTally」開発

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛ける株式会社Cerevoは、ワイヤレスと有線の両接続に対応したタリーランプシステム「FlexTally(読み:フレックスタリー)」を開発、米国時間4月24日に開催される「NAB Show」において開発中の実機を展示します。発売は2017年夏以降、価格はランプを4個セットにしたモデルで5万円前後を予定しています。

03

Flextally
https://flextally.cerevo.com

タリーランプシステムは、複数カメラによる収録・ライブ配信で使用される機器です。収録やライブ配信の現場では、出演者は複数カメラのどの映像が使われているかを知る方法がありません。タリーランプシステムを導入することで、カメラのレンズ付近に設置した「タリーランプ」と呼ばれる表示灯が点灯し、どのカメラの映像が使われているかを出演者が簡単に確認できるようになります。

これまで複数のカメラを用いた撮影や収録は、放送業界などのプロフェッショナルな現場で使われることが多く、そのため複数カメラでの利用を前提としたタリーランプシステムは高額かつ一部のビデオスイッチャー専用の周辺機器として販売されていました。

一方、ビデオカメラの性能向上や低価格化、ライブ配信サービスの普及により、複数カメラを用いたプロフェッショナル並みの収録やライブ配信ができる環境は広がり、一般ユーザーでもクオリティの高い番組を作り出せる土壌が整いつつあります。

Cerevoでは、世界で初めてUstreamライブ配信に対応したデジタルカメラ「CEREVO CAM」を2009年に発表したことを皮切りに、手頃な価格帯で本格的なライブ配信を実現できる機器を展開。PCを使わずに本格的な配信が可能なライブ配信専用機器「LiveShellシリーズ」、Liveshellシリーズ相当の配信機能とスイッチャー、録画機能を1台に集約した「LiveWedge」といったライブ配信機器を販売して参りました。

さらなる収録・ライブ配信環境の充実を実現するために、誰でも簡単に利用できる操作性、小規模な撮影・配信現場でもできる価格帯、バッテリーを内蔵しワイヤレスで利用できる利便性の高さを備えたタリーランプシステムが、FlexTallyです。

特徴

FlexTallyは、LiveWedgeに接続する親機と、カメラに取り付ける4台の子機がセットになったタリーランプシステムで、スイッチング操作に合わせて自動でランプが点灯します。ランプはバッテリーを内蔵しており、面倒な配線は不要で利用できるほか、無線環境が混雑した現場に備えて有線接続もサポートしました。

04

ワイヤレス通信は障害物や輻輳に強い315MHz帯(特定省電力無線)を採用しており、見通しのよい場所で100m程度の通信距離を確保。有線接続はRS-485のシリアル通信を採用。数百m以上の距離で敷設が可能なほか、端子台を介することでデイジーチェーン接続にも対応、配線をシンプルに保つことができます。

02

Cerevoのライブ配信機能搭載ビデオスイッチャー「LiveWedge」と組み合わせて利用する場合は設定不要で、特別な映像機器やネットワークの知識が無くても簡単に導入できます。また、他社製スイッチャーの対応も予定しています。*1

flextally_diagram

タリーランプのLEDには屋外でも利用できる高輝度なLEDを採用。バッテリー内蔵で6時間動作が可能なため、電源が確保できない環境でも配線を気にすることなく手軽に利用できます。ランプは追加することで最大32台まで1台の親機に接続可能。ランプの単体発売も予定しております。

※1 Blackmagic Design社の製品に対応予定

 

スペック

無線通信飛距離 約100m
無線通信方式 315MHz(日本)/433MHz(US/EU)
有線接続方式 RS-485シリアル通信
バッテリー駆動時間(子機) 6時間
最大カメラ数 32台
本体サイズ 親機 125×70×30mm(幅×奥行×高)
子機 100×65×50mm(幅×奥行×高)
重量 未定

 

NAB Show出展情報
会期: 4月24日から4月27日
会場: Las Vegas Convention Center
出展場所: Central Hall C1046

 

株式会社Cerevoについて
Cerevoは、“コネクテッド・ハードウェアで生活をもっと便利に・豊かにする”をコーポレートスローガンに掲げ、ネット接続型家電の企画・開発 を手掛ける新しいスタイルの家電メーカーです。
これまでにデジタルカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、ライブ配信機能を搭載したスイッチャー「LiveWedge」、スポー ツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、9軸センサーとBluetooth4.0を搭載した IoT開発モジュール「BlueNinja」、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇中と同様の自動変形機構を備えた「ドミネーター」などを開発・製造し、世界60カ国以上で販売しています。

 

株式会社Cerevo
メディア関係者の方の問い合わせ窓口
(製品に関するお問い合わせはこちらの窓口までご連絡ください)
公式twitter: http://twitter.com/cerevo/
コーポレートWeb: http://cerevo.com/