LiveShellシリーズからDashboardへの接続障害における復旧のご報告


2020年2月5日より発生した、ライブ配信機器「LiveShellシリーズ」からライブ配信操作・設定Webアプリ「Dashboard」への接続障害において、製品をご利用の皆さま並びに、製品を利用したライブ配信をご覧の皆さまに多大なご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます。

本件障害の詳細は、下記のとおりです。

1. 発生した障害について

障害内容:

LiveShellシリーズで「Dashboard」を経由してライブ配信を実行しようとすると、本体画面に

  • TCP/IPエラー
  • サーバーエラー

と表示され接続に失敗し、ライブ配信が行えない。

影響範囲:

  • LiveShell 2
  • LiveShell PRO
  • LiveShell X
  • LiveWedge

発生時刻:

2020年2月5日AM5:00頃(JST)

解消時期:

2020年2月6日PM13:50頃(JST)

対応内容:

Dashboardを構成するAPIサーバ2台に、高負荷がかかっている状態が発生しました。サーバの増強・負荷分散処理を行うと共に、高負荷の要因となっていた処理の改善を実施しています。

2. 今後の対応

今回発生した障害について引き続き詳細な調査を行うと共に、再発防止に努めます。

また、このような事態が発生したことを重く受け止め、サービスの継続的な安定運用に向けた保守運用体制の強化を進めてまいります。

製品のご利用についてのご質問ならびにお気づきの点ございましたら、以下お問い合わせ窓口までご連絡くださいませ。

お問い合わせ窓口
support@cerevo.com


報道関係者の方の問い合わせ窓口
本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください
広報担当 press@cerevo.com


コーポレートWeb: https://cerevo.com/
公式Facebook: https://www.facebook.com/cerevo/
公式Twitter: https://twitter.com/cerevo/
公式Instagram: https://www.instagram.com/cerevo_global/