【5月1日追記あり】Cerevo「Dashboard」における一部動作不具合が継続している件についてお知らせとお詫び


【5月1日追記を見る】

日頃より、Cerevo製品およびサービスをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

先日お知らせしましたライブ配信機器「LiveShellシリーズ」および「LiveWedge」でご利用いただける配信管理プラットフォーム「Dashboard」の不具合ですが、現在においても継続発生していることを確認しております。復旧対応にあたっておりますが、問題解消までの間、Dashboardの一部機能がご利用いただけない状態となっております。

お客様には多大なご迷惑とご不便をお掛けしますことを、あらためて心よりお詫び申し上げます。

●確認している現象

  1. 「Dashboard」にGoogleアカウントでのログインができない
  2. 「Dashboard」から新たにGoogleアカウントにログインし、YouTube Liveへの配信ができない

●復旧までのご利用方法

復旧までの間、以下の方法にてDashboardを利用した配信をしていただくことが可能です。

●「Dashboard」にGoogleアカウントでのログインができない場合の対応

  1. Dashboardで新規アカウントを作成します。
  2. お手持ちの「LiveShellシリーズ」および「LiveWedge」を、作成したDashboardアカウントに紐づけます。
  3. 画面の指示に従い配信設定を進めてください。

【オンラインマニュアル】新規アカウント作成について
https://liveshell-manual.cerevo.com/ja/liveshell-x/lsx_dashboard_account/

【オンラインマニュアル】初期化について
LiveShellシリーズが既存のアカウントに紐づいている場合、初期化設定を行う必要があります。
https://liveshell-manual.cerevo.com/ja/liveshell-x/lsx-reset/

●「Dashboard」から新たにGoogleアカウントにログインし、YouTube Liveへの配信ができない場合の対応※1

  1. YouTubeで「ライブイベント」を作成した後、YouTube Studioで詳細画面を開きます。
  2. 詳細画面でストリームキーとストリームURLをメモしておきます。
  3. Dashboardで「配信するサービス」の選択画面で、「その他の配信サービス(サーバーアドレス直接入力)」を選択します。
  4. YouTube Studioで確認したストリームキーをストリーム名(ストリー ム ID)に、ストリームURLをプライマリサーバーの URL (RTMP サーバー URL)に入力し、画面の指示にしたがい配信設定を進めてください。

【オンラインマニュアル】RTMPサーバー利用によるYouTube Live配信方法について
https://liveshell-manual.cerevo.com/ja/liveshell-x/rtmp-url-youtube/

※1: Googleアカウントとの連携が完了した後は、通常通りご利用いただけます。

【5月1日追記】

「Dashboard」新規アカウント※2と、工場出荷状態(初期化したもの)の「LiveShellシリーズ」および「LiveWedge」をご利用に限り、通常の配信方法にてGoogle連携およびYouTube Live配信ができることを確認しております。

既存アカウントでの不具合については、引き続き復旧を進めております。
現在、様々な検証を行っており復旧が完了次第、皆様にあらためてご案内いたします。

※2: 既存アカウントを一度「Dashboard」より退会のちに、同じメールアドレスを用いて新規アカウント作成いただくことでも同様の配信が可能です。退会する際に新しいアカウントへ設定内容を引継ぎすることはできません。