Cerevo、ライブ配信機器「LiveShell X」へのタイムコード機能実装によるGnzo社とのマルチアングル配信対応を発表


2021年2月25日
株式会社Cerevo

Cerevo、ライブ配信機器「LiveShell X」へのタイムコード機能実装によるGnzo社とのマルチアングル配信対応を発表

〜ライブ配信需要の高まりによりLiveShell X販売台数、前年度比160%以上増〜

コネクテッド・ハードウェアの企画・開発・販売を手がける株式会社Cerevoは、長時間高画質で安定稼働するライブ配信機器「LiveShell X(読み:ライブシェル・エックス)」に、配信する映像にタイムコードを追加できる機能を実装しました。本機能は2021年2月25日(木)より、最新ファームウェア(Rev.2021)にアップデートしていただくことで利用できます。

またこの実装に伴い、タイムコード機能を共同開発した株式会社Gnzoが提供するライブ配信システム「fvLIVE」で、LiveShell Xを複数台利用したカメラ映像切り替えによるライブ配信時に、時差のないマルチアングル配信の提供を開始します。

H.264映像に時刻情報を追加

タイムコード機能を利用すると、LiveShell Xを通じて配信するH.264の映像に任意のNTPサーバから取得した時刻(UTC)情報を追加できます。機能有効・無効の切り替えは利用するLiveShell XのIPアドレスにブラウザー等で接続し、設定します。

【オンラインマニュアル】タイムコード機能の設定について
https://liveshell-manual.cerevo.com/ja/liveshell-x/timecode-setting/

時差のないマルチアングルライブ配信が手軽に

fvLIVEによる時差のないマルチアングルライブ配信は、様々なアングルのカメラ映像を同期し複数台のタイムコード機能が有効化されたLiveShell Xを用いて、映像結合をリアルタイムで行っています。

マルチアングルライブ配信「fvLIVE」
https://gnzo.com/fvlive/

2021年2月13日〜14日にfvLIVEにおいて、先行してLiveShell Xを6台を利用したマルチアングルに対応したイベントのライブ配信を実施。イベントでは8時間以上継続して映像間の同期が全くズレことなく、マルチアングルを切り替えての視聴を提供できています。

LiveShell X販売台数、前年度比160%以上増加

2020年度は社会情勢から世界中でライブ配信の需要が急激に高まった結果、前年度に比べLiveShell Xの販売台数が160%以上の増加となりました。同年度は新型コロナウイルスの感染拡大から製品の生産に大きな影響を受けたものの、安定した生産と迅速なお届けを可能にする体制作りに注力して参りました。

LiveShell Xは外出や集会が難しい現状において、オンラインイベントの実施をはじめ、学習塾での講義ライブ配信、リモートワーク体制での勤務におけるクローズドな関係者向け配信、法事といった親族での集まり等、企業・個人問わず様々なシーンで活用されています。本機種は発売以降、テレビ局といった配信のプロフェッショナルから、YouTube等で新たに配信を始めるアマチュアまで、幅広い層に長期間安定して利用できるライブ配信機器として好評を博しています。

Cerevoは、今後もLiveShellシリーズを通して皆様のライブ配信をより豊かなものとするため、新たな機能や機種の開発に取り組んで参ります。

LiveShellシリーズ ライブ配信利用事例紹介
https://liveshell.cerevo.com/ja/usecase/


株式会社Cerevo

代表取締役 大沼慶祐
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル11F

Cerevoは、“コネクテッド・ハードウェアで生活をもっと便利に・豊かにする”をコーポレートスローガンに掲げ、ネット接続型家電の企画・開発・販売を手掛ける新しいスタイルの家電メーカーです。

これまでにデジタルビデオカメラだけでライブ配信可能な「LiveShellシリーズ」、ライブ配信機能を搭載したスイッチャー「LiveWedge」、スポーツ用品ブランド“XON”から走行データをリアルタイムに記録するバインディング「SNOW-1」、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」に登場する多脚戦車タチコマの1/8モデル「1/8 タチコマ」等を開発・製造し、85以上の国と地域で販売。そうした自社製品開発の知見をもとに受託・共同開発にも力をいれ、新たなプロダクトを生み出しテクノロジーによる豊かな生活の実現を推進しています。

ハードウェアの新規開発・受託のご相談は、以下フォームよりお問い合わせください。
https://cerevo.com/ja/contact/sales/


報道関係者の方の問い合わせ窓口

本件に関するお問い合わせは以下の窓口までご連絡ください
広報担当 press@cerevo.com
コーポレートWeb: https://cerevo.com/
公式Facebook: https://www.facebook.com/cerevo/
公式Twitter: https://twitter.com/cerevo/
公式Instagram: https://www.instagram.com/cerevo_global/